丸子のメモ

 猫 / その他記録

猫の軟便。下痢。っていうか水ウンチ (; -y-)ツ)) クチャイクチャイ

 

どもども、Q28です。

 

我が猫と暮らし始めて早4ヶ月。

我が猫がうちに来たのは生後5カ月ぐらいの頃。

保護猫カフェでは「元気です、この子。ちょっと目が炎症起こしてるんですけど」ぐらいなもんで安心していた。

 

我が家に来てから1週間。

我が猫が常に水ウンチ!!! and クサイ!!!

 

引っ越ししたての我が家が徐々にケモノ臭になっていく・・・

プラスして水ウンチ臭による猫飼い初心者への攻撃!

(ああ・・・かわいい。。ああ・・・クサイ。。

 

今はコロコロウンチになって、慣れもあり、匂いへの耐性もついたが

当時はもの凄い臭いに驚きを隠せないQ28でした。

 

「環境が変われば調子が悪くなる」

「子猫~幼猫だと体調はすぐに悪くなる」

知人に聞いても、ググってみてもそんな感じ。

でも、猫飼い初心者的にはとても不安。

結局、我が家に来てから1週間後、動物病院へ連れていくことにした。

とりあえず、動物病院の評判等々がよくわからないので自宅から徒歩5分の動物病院へ。

 

動物病院での診断and処置

  • 注射(抗生剤と消炎剤)
  • 目薬

「消火不良でしょう!」「一日絶食させてね」との事。

 

動物病院での診察二日後より、コロコロウンチ!!

コロコロウンチになった途端に、匂いも軽減!

飼い主幸せ! (^O^)/

 

が、しかしこの時の出来事により、我が猫の性格が変わった。。。

「絶食」を経験したことにより、エサへの執着がすごくなった。。。

(´ヘ`;) う~ん・・・

 

執着がすごい割に、この時期の我が猫は食が細いらしく、エサを吐くこともやってくれちゃったりしていた。

下記のウェットフードを一袋まるまるあげることは、即!水ウンチの再来となりそうで半分あげて、冷蔵庫、ウンチ確認、コロコロウンチであれば、また半分。

 

 

思い出すと懐かしい。育児初期 (*^。^*)