丸子のメモ

 猫 / その他記録

「国民健康保険料減免申請のご案内」がきたから、1月中に区役所に行かねばならぬ(-ω-)

 

どもども、Q28です。

 

会社で説明会開いて、12時になった段階で

「もー、今日の仕事終わった感じー」気分のわたくし。

17時が待ち遠しかったです。

 

さて、帰宅してみたら郵便ポストに区役所から、お便りが。

あれか・・・(-ω-)

 

国民健康保険料減免申請のご案内

f:id:Q28:20140110005314j:plain

 

2013年10月から勤務形態が変わって、会社の人から

「会社の健康保険対象外になったからぁ~(勤務時間が短くなった)

 保険証返してぇ~

 自分で国民健康保険の手続きしてねぇ~ ( 。・・)/⌒□ポイ  」

って言われたので、「国民健康保険に入るよぉ~」って区役所に連絡したさ

 

したっけ、しばらくしたら区役所から

「あんた国民健康保険にいれてあげるけど、○万円/月 払ってね」

って納付書が入った封書が届いたわけですよ

 

○万円/月 って!! (ノ゜⊿゜)ノびっくり!!

 

そっか~、この金額は東京にいた頃の収入をもとに計算された値かぁ・・・

東京に住んでいた時の収入からガッツリ下がった現在札幌在住のわたくしの収入・・・

 

いざ、鎌倉!じゃなくて、区役所へ

 

高速電卓叩きおじちゃん、現る!

2013年10月某日、私は区役所の前で気合をいれていた。

(よし!ここは舞台!私は女優!『私、困っちゃってます感』を出すんだ!

 

私:「すみませ~ん、おたくからこんな封書が届いたんですけどぉ~(女優)」

受付1:「担当部署は2階になります」

私:「すみませ~ん、おたくからこんな封書が届いたんですけどぉ~(女優)」

受付2:「どうされました?」

私:「こんな金額払えません(ノ_・、)シクシク (女優!女優!)」

受付2:「あ、はい、わかりましたぁ。納付相談担当はこちらになります~」

(個室?ちょっとした仕切りのある場所に通される)

おじちゃん、登場

私:「こんな金額払えません(ノ_・、)シクシク (女優!女優!)」

おじちゃん:「えーと、今の収入は・・・。あぁ、そう。そんなに変わってないね~」

私:「いえいえ、それは札幌にきてからの収入で、そちらのその金額は東京にいた頃の収入でして・・・」

おじちゃん:「あー!そうなの!じゃー、1月からの収入教えてよ!」

私:「1月から5月は、ほにゃららでほにゃららぐらいで

   6月から9月は、ほにゃららだったんで、ほにゃららぐらいで・・・」

おじちゃん:((φ( ̄Д ̄ )ホォホォ

私:「10月からは、ほにゃららになっちゃったんで、ほにゃららぐらいで、

   12月は、ほにゃららなんで、ほにゃららあるかどうか・・・(女優!)」

おじちゃん:「なるほどねぇ~、じゃ~合計するねぇ~」

おじちゃん:ダダダダダダダっ!(電卓をたたく音)

おじちゃん:「あ~、年収こんだけ減ってるなら減免対象だわぁ~」

私:「そうですかぁ~(ふぅ、よかった)」

おじちゃん:「ちょっと待ってねぇ~、計算するからぁ~」

おじちゃん:懐から早見表を取り出す

 

早見表・・・、たぶん収入に応じて何%なのかってことが書いてあった模様。

 

おじちゃん:早見表の一点を見ながら、再びダダダダダダダっ!(電卓をたたく音)

おじちゃん:「えーとねぇ、○円なんで・・・、これを4か月で割ると・・・」

おじちゃん:ダダダダダダダっ!(電卓をたたく音)

おじちゃん:「○千円/月 だわぁ~。これなら払えるっしょ?」

私:「はい、それならなんとか。(ふぅ、よかった)」

おじちゃん:「新しい納付書印刷してくるから待ってて~」

 

その後、色々説明受けて、区役所から解放!

解放された瞬間に、女優モード解除!

慣れないことをすると肩こるね ( ; ̄ω ̄)ゞイテテ・・・

 

正直者か確認します

というわけで、

2013年10月に2013年の年収予想を『ほにゃらら自己申告』した私。

2014年になりまして、会社から2013年の年収結果がわかる源泉徴収票を手に入れました。

 

それを見計らっての、区役所からのお手紙!(おじちゃんに予告されてたけど)

「あんたの『ほにゃらら自己申告』、嘘じゃなかったか確かめさせてもらうからね!

 (予想より稼いでたら、追加で払ってもらうんだから!)」

ってことですよねー。

 

多分、正直者ってことで追徴ないと思ふ。

 

再び区役所へ行きます

今年からまた勤務形態が変わりました。

ので、「国民健康保険抜けます」の申請と共に「私、正直者なんですよ」をやってきます。

 

(有給申請しないとなぁ~

 

なんか特殊なことが起こったら、また記事にしますぅ

"(@´▽`@)ノ""" バイバーイ