丸子のメモ

 猫 / その他記録

北海道出身者が自分で!自力で家系図を作成する! その8 →続柄がわからない人の戸籍受付

 

自力で家系図作成シリーズを最初から読む → その1

前回:北海道出身者が自分で!自力で家系図を作成する! その7 →聞いたことのない名前

続柄がわからないまま受付窓口

受付のお姉さんが「またあんたかっ!」というような顔をした。

私は「へへっ(笑)」という顔をして近寄っていく。

 

請求書を渡すと今回もサッサッサッっとチェックしていくが、毎回やり取りが微妙に異なる。

 

受付:「身分証明は。。。運転免許証だったね」

私:「はい」

私:(顔ばっちし覚えられてしまった―!

 

受付:「この文字は・・・」

私:(やっぱり、突っ込みはいるかー

私:「実はさっき取得した戸籍のココの人なんですけど、漢字が微妙で。。。」

私は取得したばかりの戸籍を受付の人に見せながら説明した。

すると受付のお姉さんは、じーーーっと戸籍を見つめた後

受付:「これは〇〇へんに〇〇書いて下に〇〇だねぇ~」

とつぶやきながら、さくさくっと請求書に赤ペンをいれた。

 

私:「あと続柄もわからないですが・・・」

お姉さんは、じーっと戸籍を見つめた後

受付:「この戸籍お借りしてもいいかしら?」

私:「はい」

 

さっき取得した戸籍と引き換えに、私は無事番号札を手に入れることができた。

 

続き:北海道出身者が自分で!自力で家系図を作成する! その9 →再び聞いたことのない名前