丸子のメモ

 猫 / その他記録

はてなブログの機能に思うこと 2012年10月版

探したけれど見つからないの

はてなブログを利用して1か月。

 

私が探し足りないのかな?と思っていたのですが、

やっぱり無い。

 

今はまだ無い。という結論に至った機能

それが2つあります。それは

  1. 予約投稿
  2. 見たまま編集モードでの見出しタグ設定(2013年2月実装された(^^♪

 

上記2つが欲しいのですよ。

理由は

  1. 予約投稿
    • ブログをコンスタントに更新するため
    • 人間関係をスムーズにするため
  2. 見たまま編集モードでの見出しタグ設定
    • HTML編集でできるけど、面倒なんですもの

 

多分、「人間関係をスムーズにするため」あたりに補足が必要かと思うんですが

こういうことですよ!

 

予約投稿機能があれば物語

 

夏の終わり、私は友人A、Bとショッピングに行く約束をしていた。

しかし、朝起きてみると謎の頭痛。

私:(なんだ?珍しいなぁ、朝から頭痛なんて

私は葛根湯を飲みながら、友人Aに電話をかけた。

私:「もしもしー?ごめん、朝から頭痛で今日行けないわー。」

A:「あら、大丈夫ー?わかったー。ゆっくり休みなー。Bと行ってくるわー」

私:「うん、ごめんねー。いってらっしゃーい。またねー」

電話を切った私は布団に戻り、死んだように眠った。

 

昼になり起き上がると若干痛みは残るが何とか動ける状態になっていた。

私:(うーん、まぁなんとか。一応、体温測っておくか

こういう時、熱はたいていない。

私:(んー・・・、掃除。。。洗濯。。。コップ洗ったっけ。。。・・・パス。

ポチっとパソコンのスイッチを入れる私。この動作は無意識。

私:(なんか飲み物。。。

ブォン!カチカチカチカチ。。。台所に行く間にパソコンは起動する。

飲み物をコップに注ぎ、私はパソコンの前へと戻ってくる。

私:(メールはきてないな。。。

ゴクゴクと麦茶を飲む私。

私:(ん?id:barotukaさん、記事アップしてるー♪ はぁ、私もまた金魚飼いたいなぁ

葛根湯の用法・用量欄に視線をやる私。

私:(何時間後に、また飲んでいいんだっけ?

コクっと麦茶を飲む私。

私:(そういえば、先週海に行った時の記事、下書き保存してあったっけ。

カチカチっとクリックする私。

私:(あー、写真何枚か貼り付けて、ちょいちょいっと文言足せばー、、完成ね。

ーカチャカチャカチャ、カチカチ、ポチポチ

私:(でけた、でけた、公開する♪公開する♪

ぽちっ

 

私:「んー、もうちょっと寝るかー。。。」

バタっ

 

ー数日後。

 

私:「久しぶりー。この間はごめんねー。どうだったー。」

A:「久しぶり―。体調大丈夫なのー?」

私:「もう大丈夫ー」

B:「よかったよかった。新しくできた○○だけどー、いー感じだったよー」

ーぺちゃくちゃぺちゃくちゃ

A:「そういえばQ28あの日ブログ更新してたよね。(しかも長文)」

私:「あ~、あれ予約投稿。そっかあの日に公開されるように設定してたかー」

A・B:「予約投稿??」

私:「そうあらかじめ指定した日に公開してくれる機能でー

 

やっぱり予約投稿機能は必要だ!

はいっ!というわけで、おわかり頂けただろうか。

もちろん

「あー、あの日は電話した後にばったり寝てさー

 お昼ぐらいに起きて―、家事とかする元気はなかったんだけどー

 9割がた完成していた記事を完成させるぐらいの元気はあってー・・・」

と説明してもいいんだけど。

 

「私たちとは遊ばないけどブログは更新するんだー」とか言われたり思われたりしたら

悲しい。

 

もちろん、そんなちっさいこと気にするような友達って

考えでいてもいーんだけれども

私にはそげなこと思わせたくない大事にしたい友達がおるのだよ。

(年々減っていく独身女子友達含め。。。

 

というわけで、

大人女子的に予約投稿機能が必要なのだよ!

(大人女子とか初めて言った

 

早く実装してくれー