丸子のメモ

読書記録 / 猫 / その他記録

イソバイドの飲み方ー私の人生史上1番まずい飲み薬「イソバイド」攻略法ー

f:id:Q28:20200201180051j:image

「まずい」と言いながら、処方するお医者さん。

「まずい」と言いながら、渡してくれる薬剤師さん。

 

そんなこんなで、10年ぶりぐらいに「イソバイド」を飲むことになった。

 

10年ぶりに飲んだ感想は、美味しくなってる!だった。

だったのだけれど、基本の不味さは変わってない。

一応、10年の間に甘み?か何かが加えられたらしいけど、継続して飲むには辛い「まずさ」がある。

 

薬剤師さんに、これは他の薬に変えられないのかと聞いたけど、これ以上に効果が得られる薬はまだ開発されてないらしい。

10年経ってるのにぃ〜

 

ああ〜_:(´ཀ`」 ∠):

 

何に混ぜて飲んでもいいと言われるけど、混ぜるイコール分量増えるということで、苦しみが長引く。

 

そんな私は最近ニキビがボッコボコにできて、皮膚科に駆け込んだ。

 

皮膚科でビタミンCことシナールを処方してもらったのだが、このシナールが今私の救世主となったのだ!

 

シナール顆粒を舌の上に準備して、イソバイドで流し込む!!!

 

今のところ私の中で1番マシなイソバイド攻略法。

イソバイド仲間はお試しあれ。

Netflixのアプリが私をわかってくれない

またNetflixとお友達になった。

久々の契約だ。

見てなかった番組を見まくるぞー!

と意気込んでみたが、Netflixのアプリは鑑賞済みの映画を覚えておいてくれない。

グッドかバッドをつけるためにもう一度検索し直すのも手間で、とかく使いづらい。

私との相性を表示できるなら、相性いい映画を一覧で出して欲しい。観たやつを除いて。

という訳で、同じ映画をもう7作ぐらい観た。

なぜ観たことある映画だとわかった瞬間に止めることができないのだろう。

私はある種の魔法にかかっている。

ベピオゲルの塗り方

今年に入ってからニキビがやばい。

 

吹き出物をあえてニキビと呼ばせていただくが、ニキビがやばい。

 

皮膚科に行ってきたら、ベピオゲルを処方された。

 

塗ると顔がカッピカピになるやつである。

 

一度処方され、続かなかった塗り薬だ。

 

今回先生はこんな事をいった「15分塗って流してしまっても、効果あるから」と。

 

それならばと、早速塗った。

予想通り、カッピカピだが、15分後に落として、ヒルドイドを塗った。

 

皮が剥ける様子はない。

 

しばらく続けなくては。

 

この15分のやり方、皮膚科の学会ででも発表された新しいやり方なかなぁ?とTwitter検索したら、2018年から知ってる人は知っている方法だった。

 

私に届くまで2年。。。

100万ヒットサイトの作り方

 

1.30年くらい続くであろうブログサービスを選んでブログ開設する

 

2.誰もが困るであろうことに関する自分の解決策を細かく書く(1記事でいい)

 

3.30年放置する

 

これで達成できるんじゃないかなぁ?

今7年目

ミサイル発射のアラートで起床した、ある道民の行動記録2

 

f:id:Q28:20170915204439j:plain

2017年9月15日のJアラート

 

鳴った途端にJアラートだと認識する。

 

服を着る。

いつもここから

 

テレビをつける。

(どの局かわからないけど、日本地図は出ていた)

 

 

防災リュックを取り出す。

(玄関脇の靴箱の中、前回のことがあったから賞味期限切れは解消済み)

 

スマホの充電がなかったのでモバイルバッテリーで充電する。

(偶然、満充電のモバイルバッテリーがあった。やっぱり定期的に充電確認しよう)

 

ウォークインクローゼットに防災リュックとスマホを持ち込んで引っ込む。

(この大きさをウォークインクローゼットと名付けた建築士は度胸があると思う)

 

うちの猫が私の雰囲気を察知してウロウロして、なかなかウォークインクローゼットにやってこない。

 

気をひく音を立てて、ウォークインクローゼットにおびき寄せる。

 

ウォークインクローゼットの扉を閉めるとテレビの音が聞こえなかったので、ちょっと顔を出してテレビのリモコンで音量を調節する。

 

その間に猫が出て行ってしまったので、またおびき寄せる。

 

ウォークインクローゼットの中でテレビの音を聞きながら、Twitterをみる。

 

海に落ちたとのことで、ウォークインクローゼットからはいだす。

 

しばらくTVをつけたまま情報収集。

 

防災リュックをしまう。

 

二度寝する。

 

まとめ

 

防災リュックにうちの猫がお気に入りのカシャカシャ音のする猫じゃらしを入れておく必要があるかもしれない。

 

今日は窓から離れててかつ、もう一枚扉のあるところに逃げようと思ってウォークインクローゼットにしたけれど、次回は玄関側のミニ廊下に逃げようと思う。

そっちにすれば、窓から離れて扉も一枚あるし、ほぼ防災リュック保管場所だから、取り出して持ってくるという時間が短縮できる。

警戒すべきは爆風で窓ガラスが割れて、きゃー!ってなることかなと思っての選択なんだけど、どうなんだろうか。地震とはまた違った心構えが必要だよね?

 

次回って書いたけど、次回なんてない方がいいんだけど。